鳥寛の原点

私たちの原点は、神奈川県横浜市の日吉で始めた赤ちょうちんを灯した焼鳥販売の屋台でした。

軽トラックに炭火の焼台を積んだごく一般的な屋台でしたが、焼鳥に使用していた手造りの「焼鳥のたれ」が好評となり、
お客様のリクエストから開発した商品が現在の「焼肉のたれ」です。
お客様や料理人の方からアドバイスを受けながら、初代社長のふるさと青森県のにんにくをすりおろした
焼肉のたれが完成し、焼鳥と共に販売したことで評判と販売数を伸ばしました。

これをきっかけに焼肉のたれの製造に専念するため、昭和50年に法人化し工場を構えました。
現在はしゃぶしゃぶ、すきやき、ステーキ用などのラインナップも揃え、
ご家庭用のみならず、味にこだわる飲食店様、
惣菜製造業者様などを通じ、食の豊かさをお届けしております。

3つのたれ

鳥寛の味

弊社は主に肉料理向けのたれを製造するメーカーとして
ノウハウと経験を積み重ねてきました。
ご家庭でも本格的な味付けがしやすいように
原材料の組み合わせや加工方法など、細かな改良を重ねた
「鳥寛ならではの味」は現在もお客様から選ばれています。

鳥寛のたれのこだわり

商品づくり

「美味しさ」の先にある「楽しさ」「感動」「豊かさ」が感じられる商品づくりを大切にしています。手間と時間をかけて丁寧につくる商品は、お客様に長きに渡り支持されております。

皮むき作業

厳選素材

産地、品種などから商品に適した素材を厳選し、特徴を活かした製法をとっています。
良い素材と自社で行う丁寧な加工作業により生まれる商品は、鳥寛独特の美味しさを持っています。

生姜

品質の追求

お客様に喜んでいただけるように品質を追求しています。
より美味しく召し上がってもらうため、素材の選択や自社での素材加工などを行っております。 例えば、出汁を製造前に自社でとることで風味の良い状態で商品に詰めることができます。
品質の追求に終わりはなく、メーカーとしてより良い商品を提供することを大切にしております。

商品紹介

最上部へ